STRUCTURE 構造

免震構造と強固な杭で建物を支える
徹底した品質管理による安心と
ずっと居続けたいと思える快適な空間

未来にわたり快適な暮らしを支える

外観|ザ・パークハウス津田沼奏の社
『ザ・パークハウス津田沼奏の杜』は、国土交通大臣登録住宅性能評価機関による「住宅性能評価書」を取得するなど、第三者検査機関や設計・管理者、施工者の検査に加え、独自の基準で、設計段階から施工・完成時まで徹底した品質管理の元に建てられています。

免震構造

免震構造|ザ・パークハウス津田沼奏の社
免震構造とは、建物を地面から絶縁した状態に近づけることで、建物に作用する加速度を小さくし、地震の激しい揺れをゆっくりとした揺れに変え、大きな破壊力(質量×加速度)を低減させる構造です。

<免震マンションの魅力>
・地震力を低減し、建物の揺れを軽減する
・家具や電化製品などの地震による転倒を低減
・地震による破損物を抑え、避難時などでの危険性を抑える
・地震による建物に伝わる揺れが少なくなり、資産の安全性を確保
・地震による設備機器・配管などの破損を抑える

※概念図のため杭等は省略してあります。

鉛プラグ入り積層ゴム

鉛プラグ入り積層ゴム|ザ・パークハウス津田沼奏の社
鉛プラグ入り積層ゴムとは、天然ゴムを主材料としたゴム板と薄い鋼板を交互に組み合わせたものに、鉛プラグ(芯材)を圧入した、ダンパー一体の免震支承です。
※概念図のため、形状は四角形の場合もあります。

杭基礎

杭基礎|ザ・パークハウス津田沼奏の社
地中深くに支持層がある場合に、強固な杭を構築して建物を支える「杭工法」が採用されています。現場でコンクリートを流し込んで杭を造成する場所打ちコンクリート杭が使用されています。

サンドコンパクションパイル工法

サンドコンパクションパイル工法|ザ・パークハウス津田沼奏の社
強く締固めた砂杭を地中に造成して地盤を改良する工法が採用されています。せん断抵抗力の向上を図るとともに、地盤の沈下や液状化を低減させる工法です。

いつも心地よく、そして開放的に

概念図|ザ・パークハウス津田沼奏の社
開放感のある天井高
リビングダイニングは、そこに暮らす人たちの絆を深める大切な場所だからこそ、みんながずっと居続けたいと思える快適な空間にするため、天井高は約2.43m~約2.59mが確保され、開放的で通風・採光に優れた空間により、心地よい暮らしを実現しています。

広々バルコニー
開放的な眺望をより心地よく愉しめるよう、バルコニーは奥行き最大約2.0mとゆったりとしたスペースが確保されています。親子で天体観測したり、夫婦で風を感じながらティータイムを満喫したりと、広いバルコニーだからこそできる暮らしのひとときが味わえます。

二重床・二重天井

二重床・二重天井|ザ・パークハウス津田沼奏の社
コンクリートスラブと仕上げ材の間に、空間が設けられた二重床・二重天井を採用することで、リフォームのし易さに配慮されています。

アウトフレーム工法

アウトフレーム工法|ザ・パークハウス津田沼奏の社
柱の出っ張りを室外に設けたアウトフレーム工法により、居室の面積をより有効に使える空間づくりが施されています。
※掲載している画像、素材(テキストを含む)などの情報は、分譲当時、竣工時、または当サイト制作時に作成、撮影したものであり、実際とは異なる場合がございます。
※掲載している画像、素材などの情報の一部には、イメージが含まれており、実際とは異なる場合がございます。